婚活を効率良く進めるために出会いを提供してくれる結婚相談を活用しよう

現代の結婚相談所

皆さんは結婚相談所と聞くとどういうイメージをお持ちでしょうか。一昔前までは、出会いがなくて自分では異性と出会えないような人、いわゆるモテナイ人が登録して集まっているというイメージを持つ人が多かったのですが今は全くちがいます。むしろ、その真逆で婚活には欠かすことのできない存在になっています。そしてあなたの強い味方でもあるのです。職業柄、異性との出会いが無い人や仕事が忙しく合コンやパーティーにも参加出来ずいつの間にか婚期を逃してきたという人も少なくないのです。そうです、むしろ結婚相談所に登録している人のほうがいわゆる高収入の企業に勤めていたり、その結果高学歴である人が多くとてもいい条件の出会いを多く紹介してもらえることのほうが多いのです。昔はお世話好きなおばさんが見合い話を持ってきてくれたりという事もあったようですが、今は結婚には親は殆どの場合がノータッチでどちらかというと自分で探して自分で決めた人との結婚を好む若い人が増えているのです。しかし親しい友達が開く合コンで結婚相手を見つけることができたという人はあまり聞きませんよね。そう、女子会も大事ですが婚活はいかにアンテナをはって動くかがポイントです。結婚相談所は出会いを見つける事の出来る一つのきっかけとなるのです。気軽な気持ちで是非いってみてください。結婚という同じ目標を盛っている男女が集まっています、きっと相性があえばとんとん拍子で結婚へと進むでしょう。あなたのさらなる幸せを応援しています。

結婚相談所の比較サイトへ

過払い金請求のデメリット

消費者金融でお金を借りていた場合、過払い金請求をすれば幾らかお金が戻ってくると言うCMを御覧になった事がある方も多いと思います。 そもそも過払い返還と言うのは、平成22年6月に完全施行された貸金業法で、それまで認めていた上限金利29.2パーセントでの貸付を15から20パーセント以内にするのが正しいと改正された為に、遡って上限金利を越えて利息を支払っていた分が返還される事を言います。基本的には、消費者が調べて権利を主張する必要があります。 ですが、上限金利29.2パーセントの時代に借金があったからと言って、安易に過払い金請求をすると思わぬデメリットを追う可能性があります。勿論、信用情報センターに異動情報が載ると言う、所謂ブラックリスト化はなくなりましたので、金融機関に情報を共有されることはありません。しかし、その過払い金請求をした消費者金融会社そのものとは、もう取引が出来なくなる可能性があります。複数過払い金請求をする場合は、今後借りる予定はないか、返還される金額と折り合いをつけてからにした方が無難と言えます。

債務整理や過払い金請求について