結婚するために結婚相談所を利用しよう

結婚相談所に登録して意中の相手を探そう

近年、結婚相談所や婚活サイトなどに会員登録をして、結婚を前提としてお付き合いをすることができる異性との出会いを持つ方の数が増えています。これは、現代の日本が抱える結婚に関する問題である、晩婚化が背景にあると言うことができるでしょう。数十年前までは、男女供に二十代前半で結婚するといったことは珍しいことではなく、また女性に関しては三十路になるまでには結婚をしていないと、いわゆる婚機を逃したなどと言われていましたが、現代の日本では、三十代で独身といったことは男女供に珍しいことではなくなっているのです。しかし、そういった方も結婚をしないことを前提として年を重ねているわけではなく、結婚をしたいにも関わらず、そもそもの出会いがないため、結婚してもいいと思えるような異性との付き合いを持つことができないために、そういった年齢に達しているケースが大半なのです。こういった背景を受けて、結婚を前提としてのお付き合いをすることができる異性との出会いの場である、結婚相談所のサービスが再び脚光を浴びているのです。友人の紹介や合コンなどと違って、この結婚を前提とした付き合いをすることができる出会いといった点が、利用者が増えているポイントとなります。せっかく出会いことができた異性が結婚を意識していないといったことがないため、出会いがそのまま結婚へと結びつくケースが増えるのです。実際結婚相談所の多くは、出会いからの婚姻率をセールスポイントにしているケースが多くなっています。

結婚相談所の比較ランキングはこちらへ

グレーゾーン金利撤廃と過払い金請求

日本には貸金に関する2種類の法律、利息制限法と出資法が存在していました。 それぞれ金利の上限と罰則規定が異なり、例えば、元本が10万円未満の場合、利息制限法は上限20%で罰則なし、一方、出資法は上限29.2%で罰則ありとなっていました。多くの消費者金融は、出資法の上限金利を超えない範囲で貸付を行なっていました。両者の上限金利の差をグレーゾーン金利と言います。 しかし、2010年の出資法の改正により、出資法の上限金利は利息制限法の規定まで下げられました。つまり、両者の上限金利は一致することで、グレーゾーン金利は撤廃されたことになり、上限金利を超える金利を要求すると刑事罰に問われます。 消費者が過去に返済した金額の中で、上限金利を超える部分を過払い金と言います。過払い金は、過去10年に遡って、金融機関に対して返還請求ができます。これを過払い金請求と言います。 「過去10年に遡る」という意味は、現在も返済中か既に返済が完了したかに関わらず、「最終返済日が現在から10年以内である」という意味です。つまり、5年前に返済が完了した場合は、当該契約に関わる利息が上限利息を超えているのであれば、過払い金請求の要件を満たしますので、初回の返済日が10年を超えていても、当該契約の全ての利息について再計算され、過剰に支払った部分の返還を請求できます。 過払い金請求は法に定められた権利で、金融機関との交渉を行なう弁護士や司法書士がいます。契約内容の中には追加融資のような複雑なケースもありますので、一度、弁護士や司法書士に無料で相談し、実際の交渉を任せる方が賢明かもしれません。参考として、成功報酬は、返還された金額の20%程度とされています。

過払い金請求の口コミや評判はこちらへ