結婚を目的としている結婚相談所を利用する

結婚相談所でお付き合いに発展しました

私は結婚相談所で本気の恋をすることができました。もちろん最初は抵抗がありました。結婚を目的として会員登録をする訳です。抵抗がないはずはありません。しかしそれぞれに理由があるのです。あまりにも引っ込み思案で婚期を逃してしまった人や、出会いの場が職場など普段の生活では見いだすことができない人もいるかもしれません。私はどちらかというと前者に当たります。思い切って結婚相談所の登録をすることに踏み切ったのは、周りの友人たちのすすめがあったからです。私一人ではそのような方法があるとは思ってもいませんでした。そして、相談所への登録は、私の家族の事情もありました。母が体調を崩したのです。私は両親に心配をかけてきました。それはこの紙幅だけではとても説明ができないほどです。もし結婚を前提にお付き合いをしている女性がいると知れば、体調も回復するかもしれません。そう思い、登録手続きをしたのです。するとすぐにご紹介をしてもらい、女性と会う機会ができました。最初はやはり何を喋ったらいいかわからずにいました。会うのは何度目かのことです。私は自分の思っていることや、悩みなどを打ち明けたのです。その女性は、私も同じような境遇にいると話をしてくれました。お互いに同じ悩みを抱えていて、一歩踏み出す勇気があったからこそ、この結婚相談所を頼りにしたのです。このときの会話以降、距離は確実に近くなったと思います。登録をして本当に良かったと痛感しています。

結婚相談所を比較する

債務整理の種類について

債務整理とは、借金の問題を法的に解決することです。債務整理は大きくわけると3つの方法があります。任意整理、民事再生、自己破産の3つとなります。過払い金請求もそのひとつではあります。さらに個人で行うものとなると特定調停などもあります。任意整理とは、契約開始から直近までの取引履歴を取り寄せて利息制限法以下の金利で引き直して再計算し借金の総額を減額させる手続きです。これは、貸金業法が改正される以前の金利で契約していた方には有利な手続きです。減額された借金をさらに無金利で分割で返済していく手続きです。貸金業法改正以降はすでに引き下げられた後の金利ですので、借金の減額はあまりされることはないのですが、将来金利が発生することなく返済していくメリットがあります。ただし、債務整理を行うと信用情報機関に事故情報として登録される、つまりブラックリストに載ることになります。そうなると、新たにお金を借りることが難しくなります。

債務整理の弁護士費用はこちらへ